拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ビジネス社会・リーダー

破壊的イノベーション理論:発展の軌跡

正しく理論を適用し、いまに活かす

著者:クレイトン・M・クリステンセン ハーバード・ビジネス・スクール 教授  マイケル・レイナー デロイトコンサルティングLLP ディレクター  ロリー・マクドナルド ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

価格(税込)¥864
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2016年 9月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

破壊的イノベーションの理論が初めてHBR誌に登場したのは、20年前のことである。既存製品よりも性能面は劣るものの、低価格や簡単操作、小型といった特徴を持つ新規参入の製品が新たな顧客を獲得し、既存製品を駆逐してしまうという「破壊」を論じたこの理論は、大きなムーブメントを引き起こした。しかし、この理論は大きな称賛を得たゆえに、誤った解釈や適用が散見される。本稿では、あらためて破壊の基本を解説するとともに、この20年に積み上げられた研究の成果を踏まえ、破壊理論の発展の軌跡をたどる。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています


合わせてチェックしたい商品

BookPark CaseCatalog 2012356ページ¥3,024(税込)


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -