HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の論文誌(論文単位) > 文献詳細
*商品について
表紙はついていません(本文のみ中綴じ製本です)。
号単位でも購入できます。
すべてモノクロ印刷です。
Extended Summaryはついていません。

・会員価格 ¥540
・一般価格 ¥756
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No.
■ページ数 4ページ
■発行日
2012/05/01
■タイトル 静電気放電ESDのEMCに関する研究動向
■タイトル(英語) Recent Topics on Electrostatic Discharge ESD from Viewpoint of EMC
■著者名 嶺岸 茂樹(東北学院大学)
■著者名(英語) Shigeki Minegishi (Tohoku Gakuin University)
■価格 会員 ¥540 一般 ¥756
■書籍種類 論文誌(論文単位)
■グループ名 【A】基礎・材料・共通部門
■本誌 電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌) Vol.132 No.5 (2012) 特集:静電気放電(ESD)のEMC技術
■本誌掲載ページ 335-338ページ
■原稿種別 解説/日本語
■電子版へのリンク https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejfms/132/5/132_5_335/_article/-char/ja/
■キーワード 静電気放電ESD,EMC  electrostatic discharge ESD,EMC
■要約(日本語)
■要約(英語) The investigation research of the electrostatic discharge ESD was carried out from the viewpoint of EMC in order to clarify the mechanism of the EMI with the ESD by the EMC investigation expert committee. The transient electromagnetic noise by the ESD has the wideband frequency spectra which reach the microwave band. Therefore, the grasp of the frequency spectra of the phenomenon and generation of electromagnetic wave are very difficult. As a result of the investigation, following results were obtained. (1) A knowledge on the ESD was consolidated, and common recognition was confirmed as an EMC problem. (2) The measuring methods of transient current up to 12GHz and transient electromagnetic field up to 3GHz were established. (3) Basic data of polarity characteristics of the impulse electromagnetic wave were obtained.
■版 型 A4
運営会社についてBookPark個人情報の取扱いについて電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.