HOMEご利用手順商品サンプルご利用規約お支払いご注文進行確認Q&A、お問い合せカートを見る
電気学会 電子図書館
電気学会HPへ
 HOME > 同研究会の論文誌(論文単位) > 文献詳細
*商品について
表紙はついていません(本文のみ中綴じ製本です)。
号単位でも購入できます。
すべてモノクロ印刷です。
Extended Summaryはついていません。

・会員価格 ¥540
・一般価格 ¥756
カートに入れる
こちらはBookPark「電気学会 電子図書館(IEEJ Electronic Library)」による文献紹介ページです。
会員ログイン
電気学会会員の方はこちらから一旦ログインのうえ、マイページからお入りください。
会員価格で購入することができます。
非会員の方はログインの必要はありません。このまま お進みください。
■論文No.
■ページ数 10ページ
■発行日
2011/10/01
■タイトル 出力変動を考慮に入れた太陽光発電と蓄電池の最適電源構成からみた導入可能性分析
■タイトル(英語) Analysis on Possible Introduction of PV System Considering Output Power Fluctuation and Battery Technology Employing Optimal Power Generation Mix Model
■著者名 小宮山 涼一(東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻),柴田 紗英子(東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻),中村 洋祐(東京大学工学部システム創成学科),藤井 康正(東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻)
■著者名(英語) Ryoichi Komiyama (School of Engineering, The University of Tokyo), Saeko Shibata (School of Engineering, The University of Tokyo), Yosuke Nakamura (School of Engineering, The University of Tokyo), Yasumasa Fujii (School of Engineering, The University of Tokyo)
■価格 会員 ¥540 一般 ¥756
■書籍種類 論文誌(論文単位)
■グループ名 【C】電子・情報・システム部門
■本誌 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol.131 No.10 (2011) 特集:再生可能エネルギーの出力変動対応技術
■本誌掲載ページ 1705-1714ページ
■原稿種別 論文/日本語
■電子版へのリンク https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieejeiss/131/10/131_10_1705/_article/-char/ja/
■キーワード 太陽光発電システム,蓄電池,最適電源構成,太陽光出力変動,電力日負荷曲線  solar photovoltaic system,battery,optimal power generation mix,PV output power fluctuation,electric power load curve
■要約(日本語)
■要約(英語) This paper presents the evaluation on the impact of an extensive introduction of photovoltaic (PV) system and stationary battery technology into optimal power generation mix in Kanto and Kinki region. The introduction of solar PV system is expected to be extensively deployed in Japanese household sector and utility company in order to address the concerns of energy security and climate change. Considering this expected large-scale deployment of PV system in electric power system, it is necessary to investigate the optimal power generation mix which is technologically capable of controlling and accommodating the intermittent output-power fluctuation inherently derived from PV system. On these backgrounds, we develop both solar photovoltaic power generation model and optimal power generation mix model, including stationary battery technology, which are able to explicitly analyze the impact of PV output fluctuation in detailed resolution of time interval like 10 minutes at consecutive 365 days. Simulation results reveal that PV introduction does not necessarily increase battery technology due to the cost competitiveness of thermal power plants in load following requirement caused by PV system. Additionally, on the basis of sensitivity analysis on PV system cost, dramatic cost reduction proves to be indispensable enough for PV to supply a bulk of electricity similarly as thermal and nuclear power plant.
■版 型 A4
運営会社についてBookPark個人情報保護方針電気学会ホームページ
本サービスは電気学会がコンテンツワークス株式会社に委託して運営しているサービスです。
©Contents Works Inc.