拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 経営計画・情報管理

制約条件の理論が可能にするサプライチェーンの全体最適

キャッシュフローを最大化し、在庫リスクを最小化する

著者:圓川隆夫 東京工業大学大学院経営工学専攻教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数11 ページ
発行年月1998年 11月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

サプライチェーンの全体最適化を実現するにはどうすればよいか。その方法として大きな可能性を秘め注目を集めているのが、制約条件の理論(TOC:Theory of Constraints)である。TOCは「制約条件以外の活動を、制約条件に従属させる」ことで、結果的に効率と収益を最大化する、というものだ。もともとは、工場での設備稼働率と生産期間の最適化を実現するための手法だったが、サプライチェーンにおいても、その考え方は大いに適応できる。本稿では、TOCの本質を吟味し、日本的生産方式との融合の必要性を盛り込みなが

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -