拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ビジネス社会・リーダー

フォード再生プログラム:意識改革の手法を明かす

新CEOが34万人の全社員に課した「ティーチング」とは何か

著者:ジャック・ナッサー フォード・モーター社長兼CEO  [補説]  ノール・ティシー ミシガン大学ビジネススクール教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数18 ページ
発行年月1999年 7月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

1998年11月、ダイムラークライスラーが誕生した。金融や通信と同じく、自動車業界も再編の大波にさらされている。この再編のキー・プレーヤーこそ、フォード・モーターである。その傘下に、マツダ、ジャガー、アストン・マーチン等を収め、さらに1999年1月にブルボを吸収し、「天下取り」にひた走る。そのフォードといえども、ゲームのルールが変わった現在、変革なくして生き残ることはできない。新CEOのジャック・ナッサーは、株主価値の最大化を目標に、自立分散組織の統合を図り、かつ自らが“先生”となって34万人の社員の意識

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -