拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ビジネス社会・リーダー

「利己的な遺伝子」は経営理論にも有効か

進化生物学からのメッセージ

著者:リチャード・ドーキンス オックスフォード大学教授

価格(税込)¥550
サイズA4
ページ数6 ページ
発行年月2001年 5月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

企業組織のダイナミクスを説明するのに、複雑系や進化論など、科学理論がよく用いられる。ドーキンスは、「生物は遺伝子がその複製を増殖するためにつくられた『生存機械』にすぎない」という「利己的な遺伝子」という学説で知られるが、この「利己的な遺伝子」も、人間は社会を理解するためのフレームワークとして使われることが多い。しかし、科学の理論を社会や文化に借用することは妥当なのか、行きすぎではないのか、とドーキンスは疑問を呈する。また、いま話題のヒトゲノム計画に対する見解、さらには化学の重要性と必要性について語る。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -