拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

昆虫に学ぶ「自己組織化」のメカニズム

群知能の活用がブレークスルーを起こす

著者:クリストファー・メイヤー キャップジェミニ・アーンスト・アンド・ヤング ビジネス・イノベーション・センターディレクター  エリック・ボナボー エコシステム・コーポレーションチーフ・サイエンティスト

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数12 ページ
発行年月2002年 1月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

「社会性昆虫」、たとえばアリやハチなどはコロニーを形成して、生活を営んでいる。そこでは協調行動が自己組織化している。すなわち、一見個々はバラバラに行動しているがそれぞれが状況に適応し、全体に秩序が生み出されている。これは「群知能」と呼ばれ、ビジネスの現場に応用されつつある。たとえば、アリやハチの社会行動をヒントに、電話回線網を調整する方法やロボットの稼働率を高めるアルゴリズム、顧客データの新しい解析法、生産ラインの合理化策などが開発されている。本稿では、サウスウエスト航空やユニリーバ、キャピタル・ワン、ヒ

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -