拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

モトローラ大学物語

【1990年度マッキンゼー賞受賞論文】全社に「共通言語」を浸透させた

著者:ウィリアム・ウィッゲンホーン モトローラ大学 初代学長

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数16 ページ
発行年月2002年 12月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

1989年、幾多の紆余曲折を経て、モトローラ大学は創設された。その基本理念は「どんな地位にも信頼して就かせることができ」「どんな問題にも容易に対処しうる」個人を形成することにある。本稿はHBRに1990年に発表されたものだが、いま日本に訪れている企業内大学のムーブメントにおいて、トップ・マネジメントはもとより、時代のリーダー候補者たちが「人を教育することとは何か」「人を育てるには何が必要なのか」をいま一度考えるうえで、多くの示唆に富んだ論考である。人材育成を担当部門任せにしていては奏功しないことがこのモト

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -