拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ビジネス社会・リーダー

カリスマCEOの呪縛

属人性に依拠することの危険性

著者:ラケシュ・クラナ ハーバード・ビジネススクール 組織行動学 助教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数10 ページ
発行年月2003年 3月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

CEOには何より「カリスマ性」が期待される。
しかし現実には、業績との相関性は乏しく、企業文化が損なわれたり、最悪、赤字や破綻に至ったりするケースも少なくない。
AT&Tのマイケル・アームストロング、コダックのケイ・ホイットモア、バンク・ワンのジェームズ・ダイモン、フォード・モーターのジャック・ナッサー、エンロンのジェフ・スキリング等々、枚挙に暇がない。
それでも人々の「白馬の騎士」症候群は止まず、カリスマCEOを求める。
しかし本当にカリスマCEOが必要なのか。いまこそ理性的な判断が求められる。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -