拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ビジネス社会・リーダー

エイズは企業課題である

グローバル戦略における最大の脅威

著者:シドニー・ローゼン ボストン大学 公衆衛生学大学院 国際医療センター 助教授  ジョナサン・サイモン ボストン大学 公衆衛生学大学院 国際医療センター 所長  ジェフリー R.ビンセント カリフォルニア大学サンディエゴ校 国際関係・太平洋問題研究大学院 天然資源・環境経済学 教授 他

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数10 ページ
発行年月2003年 5月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

エイズはすでに2000万以上の死者を出し、有史以来最悪の伝染病となっている。
特にアジア・アフリカ諸国での猛威はすさまじく、これらの地域は、企業のグローバル戦略にとって大変重要な地域であるが、有効な対策を講じられないと、生産性の低下やコストの高騰などが懸念され、企業の投資も滞らざるをえない。
この現状への1つの対応策を示したのが本稿である。
南アフリカの企業におけるエイズの影響についての調査結果から、予防と治療という対策プログラムへの投資が、結局は生産性を高め、人件費を抑えることになって、経済的効果を生む

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -