拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 経営戦略

ロイズ銀行:VBM企業への転換

株主価値こそ組織の共通言語

著者:ブライアン・ピットマン卿 元ロイズTSB 会長

価格(税込)¥648
サイズA4
ページ数8 ページ
発行年月2003年 7月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

株主価値経営への疑問が呈されているが、ロイズ銀行を再生させたピットマン卿は一部の例外がその意義を歪めただけであり依然このコンセプトは有効であると主張する。
本稿は、ロイズ銀行がいかに総合化の罠から脱し、株主価値を追求する組織へと変身したかその紆余曲折のプロセスのみならず、いかに学習する企業文化が育まれたかを語る。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -