拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ビジネス社会・リーダー

資本と才能:新たなる階級闘争

知識経済社会の利益をめぐって

著者:ロジャー・L・マーチン トロント大学 ロットマン経営恵大学院 学部長  ミネア・C・モルドビーヌ トロント大学 ロットマン経営大学院 准教授

価格(税込)¥660
サイズA4
ページ数9 ページ
発行年月2003年 10月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

過去1世紀にわたって、利益配分をめぐって資本は労働と争ってきた。
現在のような知識経済を迎えて、その闘いは知識労働者と株主との間で展開されつつある。
才能ある人材はいまのところ、その稀少性から、有利に闘いを進めつつあるが、20世紀の資本と労働の闘いがそうであったように、両者を共存させる術を学ぶことになるだろう。
そしてさらには、資本と労働と才能の3者が共存していく社会が求められていく。


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -