拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 経営戦略

アメリカ資本市場:再生の選択

効率性がもたらした非効率

著者:ポール・M・ヒーリー ハーバード・ビジネススクール 教授  クリシュナ・G・パレプ ハーバード・ビジネススクール 教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数12 ページ
発行年月2003年 11月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

1970年代、アメリカでは、資本市場の効率性を高めるべく会計監査の標準化、取引手数料の自由化など、規制緩和が推し進められた。
その結果、個人投資家の増加、流動性の向上といった所期の目的は達成された。
しかしこの規制緩和策こそ、いま議論されている問題の元凶であった。
コマーシャリズムに流れた監査法人、個人の功名に走る証券アナリスト、パッシブ運用を是とするファンド・マネジャー等々――。
このような悪循環を断ち切り、健全な資本市場を再構築するには、「良質な投資情報の提供」という基本原則に立ち返るべきである。



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -