拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

【2002年度マッキンゼー賞金賞論文】失敗に寛容な組織をつくる

エンゲージメント・リーダーの責任

著者:リチャード・ファーソン ウェスタン行動科学研究所 共同設立者兼所長  ラルフ・キーズ コンサルタント

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数12 ページ
発行年月2003年 12月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

ほとんどの社員が「失敗」を恐れている。
しかし、大半のリーダーが「失敗は成功の母」とうそぶく。
いまマネジャーに求められているのは「エンゲージメント」、すなわち、部下のアイデアや行動を全面的に支援すると同時に、管理するのではなく、コラボレーションしながら、リスクへの恐れを払拭させるマネジメントなのだ。
結果論や後知恵で非難したり、けん責したりするのは、安直である以上に、実はきわめて危険でもある。
ただし、むやみにほめたり、厚遇したりするのも賢いリーダーのやるべきことではない。
成功も失敗も等しく分析・評価

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -