拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ マーケティング

【HBR Case Study】パブリシティを装った広告はどこまで許されるのか

マーケティング倫理の境界

著者:[コメンテーター]ボブ・ガムゴート マスターフーズUSA社長  ミッシェル・R・ネルソン ウィスコンシン大学 助教授  モゼール・W・トンプソン アメリカ連邦取引委員会 委員  マイク・シーハン ヒル・ホリデー・コナーズ・コスモプロス 社長兼CEO  [ケース・ライター]M・エレン・ピーブルズ HBRシニア・エディター

価格(税込)¥864
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2004年 2月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

大手製薬会社ブライアント・ファーマシューティカルのマーケティング担当バイス・プレジデント、ローラ・ゴールデンバーグは、売上げが鈍化しつつある関節炎治療薬〈セフレックス〉のテコ入れ策としてハリウッド女優をスポークスマンに用いた番組内CMを思いついた。
しかし、一部の経営陣はその効果に疑問を抱くと同時に、社内の政治的な動きからもこのアイデアの選択に躊躇している。
はたして同社は新たな宣伝策を採用すべきだろうか。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -