拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 経営戦略

提携すべき時、買収すべき時

3つの視点から分析する

著者:ジェフリー・H・ダイアー ブリガム・ヤング大学マリオット校 教授  プラシャント・ケール ミシガン大学ビジネススクール 助教授  ハーバー・シン ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数12 ページ
発行年月2005年 2月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

近年、企業成長の一つの手段として、提携や買収が頻繁に行われてきた。
しかし実は、それらは失敗に終わるものが多い。
それは、この2つの戦略が異質であるがゆえに、提携と買収の長所・短所を十分比較することもなく、どちらを選択するかを簡単に決めてしまうからである。
そこで本稿では、買収か提携かの意思決定に資する枠組みを提示する。
それは、求めるシナジーと経営資源の状況を分析し、リスクと競争といった市場要因を知り、また合従連衡の能力を見極めることである。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

成長するM&Aの源泉14ページ¥880(税込)
企業変革の落とし穴12ページ¥880(税込)
M&Aの真の目的は「優良顧客」の獲得にある12ページ¥880(税込)
「双面型」組織の構築10ページ¥880(税込)
ブルー・オーシャン戦略11ページ¥880(税込)
産業進化のダイナミズム14ページ¥880(税込)
JVの成否は100日で決まる14ページ¥880(税込)


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -