拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 連載/ケース・スタディ

ベンチャー・キャピタルの選択:信頼か、条件か

新興市場の新規事業の罠

著者:[コメンテーター] ウィリアム・A・ザールマン ハーバード・ビジネススクール 教授  ジョージ・G・ブレンカート ジョージタウン大学 マクドナー・スクール・オブ・ビジネス 教授    ソニア・ロー チャルシス・パートナーズ 共同創業者兼マネージング・パートナー  チャラランボス・ブラチャウツィコス 7Lキャピタル・パートナーズ・エマージング・ヨーロッパ アドバイザー  [ケース・ライター] ジョン・W・マリンズ ロンドン・ビジネススクール 准教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数12 ページ
発行年月2005年 3月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

東欧の石油・天然ガス用のパイプラインを敷設する――。
ペトロリンク・トランスポート・テクノロジーズの3人の侍はこの新規事業のアイデアにすっかり熱くなってしまった。
さっそくベンチャー・キャピタル(VC)を東奔西走したところ、LDPというイギリス系の老舗VCがこの話に乗ってきた。
しかし、提示された条件は3人の期待に沿うものではなかった。
そこに、BRXという、まだ実績の少ない新興VCが名乗りを上げた。
BRXの条件は、多少の妥協も必要とはいえ、彼らを満足させるものだった。
こうして3人はLDPのオファーを

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -