拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 連載/ケース・スタディ

昇進か、海外赴任か

被買収側のミドル・マネジャーの分かれ道

著者:[コメンテーター] フレッド・ハッサン シェリング・プラウ 会長兼CEO  ナンシー・クリフォード・ビットマン エグゼクティブ・コーチ  エイミー・ドーン・コペラン ベドラム・エンタテインメント CEO  アラン・コーエン バブソン・カレッジ 特任教授  ゲイリー・B・ローズ センター・フォー・クリエイティブ・リーダーシップ 上席研究員  [ケース・ライター] M・エレン・ピーブルス HBR シニア・エディター

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数12 ページ
発行年月2005年 4月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

マイケルは、2年前に買収された企業の出身である。
彼は外様とはいえ、着実に業績を上げ、社内の評判も上々である。
そのような折、北米担当社長のポジションが突然空席となった。
後任の候補には、マイケルも含まれていたが、ライバルも多い。
最も注意すべきは、社内政治に長けたダニエルである。
彼女は買収した側の人間であり、マイケルにはない能力を備えている。
マイケルは潔癖症なのか、人好き合いが苦手なのか、社内政治を悪と見ている。
それゆえ、ダニエルのことが好きになれず、いまや敵視している。
出世競争で頭がいっぱいの

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -