拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ケース・スタディ

ICタグを導入すべきか、個人情報の保護に回るべきか

SCM効率化のジレンマ

著者:[コメンテーター] グレン・アルメンディンガー ハーバー・リサーチ 社長  ニック・デュー アメリカ海軍大学院 助教授  リー・ティエン 電子フロンティア財団 シニア・スタッフ  R・バスカー ハーバード・ビジネススクール 上級研究員  [ケース・ライター] ロバータ・A・フサロ HBR 編集スタッフ

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2005年 6月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

いまやティーンの大人気ブランドとなったKKは、物流管理にICタグを利用していたが、さらなる効率化を目指して売れ筋である帽子にICタグを装着するというアイデアの是非を、ICタグ・ベンダーであるレイダーに打診してきた。
これによって、需給計画や在庫調整、商品開発はより効果的となり、かゆいところに手が届くようなサービスも提供できるだろう。
レイダーにしても、このアイデアを実現できれば一躍業界の寵児になれる。
しかしKKの顧客、すなわち少年少女たちのプライバシーは裸にされる。
これまでの社会規範に照らせば、けっし

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -