拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ケース・スタディ

R&D機能をオフショアリングすべきか

内製化の限界とプライドの相克

著者:[コメンテーター] ラリー・ヒューストン プロクター・アンド・ギャンブル バイス・プレジデント  ジョン・シーリー・ブラウン 元ゼロックス 主任研究員  ジョン・ヘーゲル3世 元マッキンゼー・アンド・カンパニー プリンシパル  ジーン・リップマン・ブルーメン クレアモント大学院 教授  アジム・H・プレムジ ウィプロ 会長兼マネージング・ディレクター  [ケース・ライター] ニティン・ノーリア ハーバード・ビジネススクール 教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2005年 11月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

RLKは「メード・イン・アメリカ」を売り物に、高級AV市場のイノベーターという評判を築き上げてきた。
成長著しいホーム・シアター市場に参入したが、期待ほどの成果が得られない。
CEOは取締役会から解任をちらつかされ、マーケティングへの注力を要求された。
そのような時、画期的な新商品の試作品が出来上がってくる。
しかし、まだ完全ではなく、ソフトウエアの面に課題を抱えていた。
CEOはインドへのアウトソーシングに活路を見出そうと考えているが、R&Dのリーダーは頑なに反対している。
はたして内製にこだわるべきな

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -