拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ケース・スタディ

サプライチェーンの統合をいかに社内に納得させるか


 
 長年の信頼関係をかなぐり捨てて


著者:[コメンテーター] シャキール・モザファー ICIグローバル・サプライチェーン担当グループ・バイス・プレジデント  ロバート・W・モファット・ジュニア  IBM シニア・バイス・プレジデント  ジョン・D・ブラスコビッチ A. T. カーニー ヴァイスプレジデント  ニック・ラホウチック リミテッド・ブランズ エグゼクティブ・バイス・プレジデント  [ケース・ライター]  ヨッシ・シェフィ マサチューセッツ工科大学 教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数12 ページ
発行年月2005年 12月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

老舗アパレル・メーカー、ボイシ・ブランズでは、上市までのリードタイムが長く、それゆえ需要予測の精度は低く、これが在庫水準をいたずらに上下させ、業績に悪影響を及ぼしていた。
しかも、5つある事業部門はそれぞれにサプライチェーンを抱えていた。
当然、ライバルにも水を大きく開けられつつあった。
そのような折、CEOは上海のアパレル・アウトソーサーを視察する。
この企業と契約するかどうかはともかく、サプライチェーンの統合はいまや必須であると痛感させられる。しかし、事はそう簡単ではない。
同社のサプライチェーンは複

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -