拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

「従業員オーナーシップ」経営

ESOPで社員の責任感ある行動を育てる

著者:コーリー・ローゼン ナショナル・センター・フォー・エンプロイー・オーナーシップ エグゼクティブ・ディレクター  ジョン・ケース マネジメント・ライター  マーチン・ストーバス カリフォルニア大学サンディエゴ校 レイディ・スクール・オブ・マネジメント ベイスター研究所ディレクター

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数11 ページ
発行年月2006年 1月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

ストック・オプションの損益計算書への費用計上の義務化がきっかけとなり、あらためて、株式報酬制度の是非が問われている。
代表的な従業員持ち株制度であるESOPをはじめ、株式報酬制度の仕組みはさまざまだが、その本質はオーナーシップあふれる企業文化の育成にある。
ユナイテッド航空などのESOP制度の失敗事例を挙げて、「社員はさしてありがたがらない」「短期的な利益誘導を行う」などの批判を行う向きは、優れた人材を集め、逃さず、彼らの責任感ある行動を育てる従業員オーナーシップの本来の機能に注目し、その要諦を学ぶべきで

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -