拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ケース・スタディ

競合に転じつつあるサプライヤーといかにつき合うべきか

台湾ODMの野心、委託メーカーの懸念

著者:[コメンテーター] ブルース・K・リッグス ゲートウェイ シニア・バイス・プレジデント バリー・C・リン ニュー・アメリカン・ファウンデーション シニア・フェロー  王東昇 京東方科技集団 董事長兼CEO  ポール・ギャフニー ステープルズ バイス・プレジデント  [ケース・ライター] 黄明恵 国立台湾大学管理学院 資源管理学系曁研究所 教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2006年 6月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

世界第3位のアメリカ電子機器メーカー、USテックは、台湾のODM、タイソースに全面的に生産委託してきた。
しかし、この両者の関係に暗雲が立ち込め始めた。
USテックのポジションは、下位メーカーの台頭によって、ぐらつき始め、さらなる低コスト化を強いられつつあった。
同社経営陣は、競合他社同様、その活路を中国に求めようと考えたが、タイソースとの長年の関係を重視する調達責任者は難色を示す。
ところが、タイソースはこれまで培ってきた能力を開花させようとみずからブランドを立ち上げ、市場に打って出ようと企てている。


こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -