拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ビジネス社会・リーダー

睡眠不足は企業リスクである

睡眠時間を削るとパフォーマンスは低下する

著者:チャールズ・A・ツァイスラー ハーバード・メディカルスクール 教授 [聞き手] ブロンウィン・フライヤー HBR シニア・エディター

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数10 ページ
発行年月2006年 12月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

モーレツ主義を謳う企業風土のなかで、マネジャーの多くは、睡眠時間を犠牲にして仕事に打ち込んでいる。 短い睡眠時間はバイタリティやパフォーマンスの高さと混同され、一日8杯のコーヒーを飲みながら、毎晩5、6時間しか寝ず、週に100時間働くなんてことを何とか続けている。しかし、ハーバード・メディカルスクールの睡眠の権威は睡眠不足の危険性を警告し、社員も経営陣も等しく従う睡眠指針を会社として規定すべきだ、と主張する。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -