拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 経営戦略

スケール・アンド・スコープ:産業成長の論理

米英独200大企業の歴史研究が明かす

著者:アルフレッド・D・チャンドラー ハーバード・ビジネススクール 名誉教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数17 ページ
発行年月2007年 2月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

産業の初期に生産施設のみならず、マーケティングやマネジメントにも多額の投資を傾けた企業は、長期に「規模の経済」と「範囲の経済」を享受しうる。20世紀の経済成長に最も重要な役割を果たしてきた産業、すなわち1880年代や1890年代における化学製品や電気機器、1920年代の自動車、あるいは80年代のコンピュータのいずれを見ても、同じパターンが繰り返されてきた。これらの産業の支配者となった企業は、産業資本主義を推進する成長と競争のダイナミックな論理、すなわち、筆者の言うところの「経営者企業の論理」を理解しており

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -