拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ケース・スタディ

生え抜きか、ヘッドハンティングか

戦略の転換に伴う営業マネジャーの後任人事

著者:[コメンテーター] アルストン・ガードナー ノースカロライナ大学 ケナン=フラグラー・ビジネススクール 講師  スティーブ・カー ゴールドマン・サックス マネージング・ディレクター兼CLO  ランダル・D・ケリー スペンサー・スチュワート パートナー  アンドレア・L・ディクソン シンシナティ大学 准教授 [ケース・ライター] フランク・V・セスペデス センター・フォー・エグゼクティブ・ディベロップメント マネージング・パートナー

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2007年 3月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

フュージリア・テクノロジーズはIT業界のリーダー企業の一つだが、市場の成熟化によって価格競争を強いられ、売上げが低迷している。この状況を打破すべく、ソリューション営業へ転換を決断するも、営業担当バイス・プレジデントの静かなる抵抗と引退宣言、新設されたコンサルティング・サービス部への非協力的な態度など、なかなか事態は好転しない。とにかく営業部の立て直しが急務だが、引退を宣言した営業担当バイス・プレジデントの後継者候補ナンバー・ワンが大口顧客をライバルに奪われるという事件を起こしてしまう。取締役会はヘッドハン

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -