拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 思想

「弁証法」の可能性

矛盾によって歴史はつくられてきた

著者:カトリーヌ・マラブー パリ第10大学 哲学部 教授

価格(税込)¥864
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2007年 4月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

「弁証法」という言葉は古代ギリシャ哲学に初めて登場し、それは他人と議論する技術、また事象の対立という意味で使われていた。ソクラテスの問答法は、弁証法的に真理に迫るやり方といえるだろう。とはいえ弁証法と聞いて、真っ先に連想するのはヘーゲルではなかろうか。学生時代、その著作の難解さに手を焼いたという向きも少なくないのではないか。本稿は、フランスでヘーゲルを研究する哲学者、カトリーヌ・マラブー博士に弁証法をめぐるいくつかの質問を投げかけ、それをまとめたものである。彼女は「可塑性」(プラスティシナ)という概念から

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -