拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

「意図した失敗」のすすめ

失敗する組織は学習スピードが速い

著者:ポール・J・H・シューメーカー ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール マック・センター・フォー・テクノロジカル・イノベーション リサーチ・ディレクター  ロバート・E・ガンサー ロバート・E・ガンサー・コミュニケーションズ 創設者

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数10 ページ
発行年月2007年 4月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

弁証法の一般的な考え方に従えば、失敗とは「反」である。したがって、失敗を生かせるかどうかが「合」に至れるかどうかを左右する。しかし、組織においては、失敗は最小限に抑えるべき汚点であり、特に経営幹部の場合、業務執行上のミスは、みずからの命取りになる。このような態度が、組織を間違った方向に向かわせている。つまり、うまく失敗を犯せば、そこから新しい発見を得、それにより簡単に競争力を高められるかもしれないにもかかわらず、努めて失敗を回避しようとするのである。本稿では、あえて失敗を犯すことの必要性を説き、どのような

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

「不測の事態」の心理学10ページ¥880(税込)
よい経営理論、悪い経営理論12ページ¥880(税込)
戦略実行力の本質15ページ¥880(税込)
「知的失敗」の戦略13ページ¥880(税込)
勝者の戦略 敗者の戦略12ページ¥880(税込)


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -