拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ケース・スタディ

サクセッション・プランをいかに円滑に進めるか

嫌がるCEOと取締役会の対立

著者:[コメンテーター] ジョン・W・ロウ エトナ 執行会長  エドワード・ライリー アメリカン・マネジメント・アソシエーション 理事長兼CEO  ジェイ・A・コンガー クレアモント・マッケナ大学 教授  ダグラス・A・レディ ロンドン・ビジネススクール 客員教授  マイケル・ジョーダン エレクトロニック・データ・システムズ CEO [ケース・ライター] ジョン・ビーソン ビーソン・コンサルティング 社長

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2007年 4月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

齢64歳の現CEOは、サクセッション・プランに後ろ向きである。いわく、「グローバル戦略を打ち出したばかりであり、後継者問題などで社内の足並みを乱したくない。」しかしその本音は「まだ辞めたくない」という仕事人間ならではのものだった。とはいえ、年齢も年齢であり、不測の事態には備えておかねばならない。また、シニア・マネジャーたちのキャリア開発にも支障を来たす。実際、取締役の何人かは強硬手段を主張し始めている。会長と人事担当役員は、あの手この手で説得を試みるが、なかなか本人の同意を得られずにいる。さて、どのように

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -