拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ビジネス社会・リーダー

eランス経済の台頭

デジタル・ネットワークが巨大企業を分裂させる

著者:トーマス・W・マローン マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・マネジメント 教授  ロバート・J・ローバチャー マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・マネジメント MITセンター・フォー・コーディネーション・サイエンス リサーチ・アソシエート

価格(税込)¥864
サイズA4
ページ数11 ページ
発行年月2007年 5月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

トーマス・W・マローンは、ITが組織にもたらす可能性について一貫してポジティブな主張を展開している人物として知られる。彼は1990年代、21世紀の組織のあり方を探る研究プロジェクト(“Inventing the Organizations of the 21st Century”)から得られた知見として、デジタル・ネットワークに結合された独立した個人という「eランサー」が価値を創造する「eランス・エコノミー」の台頭を本稿で提唱した。その主張は、21世紀をデジタル・ネットワークの進展によって、大企業が小さな

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -