拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ マーケティング

お客様が敵に変わる時

企業は無意識に顧客を搾取している

著者:ゲイル・マクガバン ハーバード・ビジネススクール 教授  ヤンミ・ムン ハーバード・ビジネススクール 教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数10 ページ
発行年月2007年 10月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

意図的かどうかにかかわらず、多くの企業が、購買に当たって、顧客が判断ミスを犯すことを期待している。事実、携帯電話サービス、銀行、スポーツ・ジム、チケット販売など、いくつかの業界では、料金プラン、最低口座残高、長期契約など、複雑でわかりにくい契約によって、顧客の判断ミスやルール違反を誘い、これを通常よりも高い収益源としていることは明白である。しかしその結果、短期的には儲かるが、不満を募らせた顧客を敵に回し、訴訟を起こされたり、善意のライバルに乗り換えられたりする。ヴァージン・モバイルUSAやINGダイレクト


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -