拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ビジネス社会・リーダー

ビジネスマンは道徳心を失いやすい

認知心理学の権威、ハワード・ガードナーが語る

著者:ハワード・ガードナー ハーバード大学 教育学大学院 教授

価格(税込)¥648
サイズA4
ページ数9 ページ
発行年月2008年 1月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

ハワード・ガードナーは、人間は複数の知能から成り立っているという「多元的知能」の概念を提唱した認知心理学の権威である。ガードナーは、いまこそビジネスマンはおのれの道徳心を高めなあなあの関係を改めるべき時期に来ていると訴える。しかし彼は、ビジネスマンは道徳心を失いやすいとも指摘する。ビジネスマンは厳密には「プロフェッショナル」ではなく、したがって、職業道徳を教え込むメンタリングの仕組みもなければ免許が必要なわけでもなく、単なる職業上の選択肢の一つであるため、いかに倫理観の高い人でも、道を踏み外しやすいと言う

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています

「学習する組織」の実践プロセス16ページ¥864(税込)
モチベーションとは何か15ページ¥864(税込)
道徳家ほど己の偏見に気づかない12ページ¥864(税込)
競争優位のCSR戦略17ページ¥864(税込)
企業とNGOの共創モデル15ページ¥864(税込)
企業倫理の道11ページ¥864(税込)
社会起業家の育て方6ページ¥540(税込)


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -