拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ビジネス社会・リーダー

バイオスフィアの法則

環境経営の矛盾を突く

著者:グレゴリー・C・ウンルー  サンダーバード国際経営大学院 リンカーン・センター・フォー・エシックス・イン・グローバル・マネジメント ディレクター

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2008年 5月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

事業のサステナビリティを追求するならば、地球の「バイオスフィア」(生物圏)こそ最高の手本といえる。地球が数十億年もの間、豊かな生命を育み続けてきたのは、「原材料の種類をできるだけ減らす」「アップ・サイクルを実践する」「プラットフォームを最大限に活用する」という3つの法則による。これら3つの法則に従えば、サプライヤーを絞り、コストを低減させ、環境意識の高い顧客のハートをつかみ、原材料市況の波に振り回されることなく潤沢な利益が得られる。また、これまで環境経営の常識とされてきた「3つのRの有効性」「強制的陳腐化


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -