拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

【2004年度マッキンゼー賞受賞論文】 「退職」という概念はもう古い

有能な熟年労働者を復活させる

著者:ケン・ディヒトバルト エイジ・ウェーブ 社長兼CEO  タマラ・エリクソン コンコース・インスティテュート 所長  ボブ・モリソン コンコース・インスティテュート エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼研究担当ディレクター

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数15 ページ
発行年月2008年 6月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

濃淡の差こそあれ、社内で居づらい思いをしている熟年社員は少なくない。また、働く意欲と能力は十分にもかかわらず、年齢がじゃまをして、再就職できない熟年労働者も多い。先進国の就労人口は高齢化しているにもかかわらず、企業は相も変わらず、若手社員重視の施策を続けている。いまこそ「退職」の概念を見直す時である。熟年労働者は、新たな企業の原動力となる可能性を秘めている。そして彼らを突き動かすのは、技術と経験と自由を重んじる柔軟な就労・退職形態である。(なお、本稿の邦訳初出はDHBR2004年8月号である)

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -