拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 生産・研究開発

グラクソ・スミスクライン:R&Dの再生

ビッグ・ファーマの起死回生策

著者:ジャン=ピエール・ガーニエ 前 グラクソ・スミスクライン CEO

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2008年 12月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

2009年から2012年にかけて、多くの既存薬が特許切れを迎え、ジェネリック医薬品の台頭は間違いない。これのみならず、規制の強化、訴訟の頻発など、製薬業界は逆風にさらされている。とりわけR&D生産性の低下は、いわゆるビッグ・ファーマにおいて深刻で、もはや回復不可能ではないかと言う専門家もいるほどである。グラクソ・スミスクラインは2000年当時、後期開発段階にある医薬品数で業界最低レベルだったが、当時のCEOによるR&D部門の大改造によって、現在そのR&D活動は、他社の2、3倍の生産性を誇るまでに復調した。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -