拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

流動性がキャリア戦略のカギ

さまざまなスキルや経験を蓄積する

著者:ヘイグ・R・ナルバンシャン マーサー プリンシパル  リチャード・A・グッゾ マーサー プリンシパル

価格(税込)¥864
サイズA4
ページ数16 ページ
発行年月2011年 3月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

有望な人材を次々にさまざまな機能部門や事業部に異動させ、さまざまなスキルや経験を積み重ねさせる流動性重視のリーダーシップ開発プログラムは、成功事例も多いが、弊害もある。たとえば、ある大手消費財メーカーでは、およそ16カ月に1回という頻繁な異動のために設計・生産・マーケティングなどのコア・プロセスがおろそかになり、高度な専門知識の蓄積が難しくなった。一方、マリオット・インターナショナルでは、世界に展開する事業の性格から、流動性をうまく活用して、幹部要員の人材プールをつくり上げている。この成否を分けたものは何か。自社の事情をよく見極め、それに戦略をマッチさせたことである。人材育成のニーズに対応した流動性の種類、対象者、頻度などを特定し、必要なデータ(人事データのみならず、財務データや営業データも)を適切に分析したうえで意思決定することが重要なのだ。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -