拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ビジネス社会・リーダー

金融規制の良識

アメリカ消費者金融保護局長への公開書簡 金融規制の良識

著者:ジョン・Y・キャンベル ハーバード大学 教授  ハウエル・E・ジャクソン ハーバード・ロー・スクール 教授  ブリジット・C・マドリアン ハーバード・ジョン F. ケネディ・スクール・オブ・ガバメント 教授  ピーター・トゥファノ オックスフォード大学 サイード・ビジネス・スクール 教授

価格(税込)¥864
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2011年 11月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

アメリカ消費者金融保護局(CFPB)は、消費者金融サービス市場の機能改善のために新設された機関である。本稿は同局長宛て公開書簡の形で、経済学、法律、公共政策、ビジネスの4分野の研究者が金融規制当局の果たすべき役割について提言している。まず規制対象の検討の際に、政治圧力や内部事情に左右されず、消費者や提供者の声を聞いてよく理解したうえで、優先順位を考えることである。影響の大きさ、理解度、後悔、愚行、犠牲者、不当価格、商品の機能、イノベーションの機会、という8つの基準が役に立つ。導入する規制は、消費者の「同質性」と「金融に関する熟練度」の2次元で評価して、適切な支援のあり方が検討されるべきである。実施段階では、データ活用、失敗からの学習、指標を用いた達成度のモニタリングなどが推奨される。規制当局には、望ましくない行動を取り締まること以上に、消費者と企業に望ましい行動を促す機関としての貢献が期待されている。


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -