拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

そのとき、福島第二原発で何があったか

不測の事態で発揮されたセンスメーキング

著者:ランジェイ・ガラディ ハーバード・ビジネス・スクール 教授  チャールズ・カスト アメリカ原子力規制委員会 シニア・エグゼクティブ  シャーロット・クロンティリス ライター

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数9 ページ
発行年月2014年 11月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

東日本大震災では未曾有の不測の事態を迎えた。福島第一原発がメルトダウンとなり、そこから10q離れた福島第二原発も危機的状況を迎えていた。しかし、第二原発では、原子炉内の最大圧力が基準値を超えると予測された2時間前に、冷却システムの復旧に成功する。最大の危機を乗り越えることができた裏には、どのようなリーダーシップが発揮されたのか。そこには、組織理論学者のカール・ワイクが言う、不測の事態で必要とされるセンスメーキングが発揮されたことがうかがえる。増田尚宏所長(当時)へのインタビューや、数々の公的な情報源による詳細な報告書を確認したうえで、当時の状況を本誌で再現する。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -