拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 経営戦略

【インタビュー】データは誰のものか

コンピュータ・サイエンスの第一人者に聞く

著者:アレックス・サンディ・ペントランド MITメディアラボ 教授  【聞き手】スコット・ベリナート 『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニア・エディター

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数8 ページ
発行年月2015年 4月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

身の回りの製品がデータを送受信するIoT時代にあって、個人データを価値あるものとして扱うための規制は存在していない。何もかも覗かれている気がすれば、一般個人は情報共有に懸念を示すであろうし、情報漏洩のみならず、システムに大打撃が出る事態となれば、規制が強化されることは必至である。それは企業にとっても得策ではないだろう。もっと長い目でお互いの信頼関係を築くことが、最終的には皆に資するものとなるはずだ。それが、「データのニュー・ディール」構想である。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -