拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

コーポレートガバナンスの3つの原則

競争優位の源泉となる

著者:グーハン・サブラマニアン ハーバード・ロースクール 教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数14 ページ
発行年月2016年 3月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

コーポレートガバナンス分野の研究が注目されるようになったのは、1970年代以降のことだが、縦割りの規制システムや評価基準の曖昧さなどが相まって、そのベストプラクティスが出ていない。本稿は、コーポレートガバナンスの原点に立ち返り、その意味するところをあらためて概念化しようというものであり、取締役会が長期的視野に立った企業経営の権利を有すること、優れた人材で取締役会が構成されるような仕組みをつくること、株主の「まっとうな声」を反映すること、の3つの原則が示されている。


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -