拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

組織に必要な感情のマネジメント

「情緒的文化」は業績にも影響を与える

著者:シーガル・バーセイド ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授  オリビア・A・オニール ジョージメイソン大学 助教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2016年 7月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

企業文化とは構成メンバーの思考や行動に影響を与えるものだが、これには実は2種類ある、というのが筆者たちの指摘である。一つは「認知的文化」で、仕事の上での発想や行動を方向づけるものだ。もう一つは「情緒的文化」で、これによって職場におけるメンバーの感情の表出が決まる。ともすれば認知的文化のみが重視され、情緒的文化は見落とされがちだが、筆者たちの10年に及ぶ調査研究によれば、情緒的文化が従業員満足度やチームワーク、さらには財務業績などの定量的な面にも与える影響は大きいという。しかもヘルスケアなどの気持ちが重視される業界だけではなく、金融やコンサルティングなどの業界にも当てはまるという。本稿ではこの情緒的文化に焦点を合わせ、そのマネジメントの方法を探る。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -