拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 経営戦略

戦略オプションの3つの活用法

投下資本を節約し判断期間を最大限延期できる

著者:ジョージ・ストークJr. ボストン コンサルティング グループ シニアアドバイザー兼フェロー  アシシュ・アイヤー ボストン コンサルティング グループ シニアパートナー

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数8 ページ
発行年月2017年 1月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

競争が激しく市場環境が不安定な今日、企業は事業の不確実性へのヘッジ策として「戦略オプション」をもっと活用すべきだ。金融オプションが投資家をリスクから守り、相場変動においても利益を上げられるのと同じく、戦略オプションは需要急変など予期せぬ事態に直面しても企業に成功の可能性を確保する。事前調査し、資本を節約し、情勢がはっきりするまで最終判断を遅らせることができる。鉱業権のオプションの購入、新しい航空機の納入枠の確保など以前から広く使われている戦略オプションもあるが、あまり知られていなかったり、活用されていなかったりするものもある。本稿でスポットを当てる「臨時組織」「予備的買収」「使い捨て工場」の3つもそうだ。


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -