拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 経営戦略

【名著論文再掲】 知識労働とサービス労働の生産性

生産性向上が社会の格差と不満を解消する

著者:ピーター F. ドラッカー クレアモント大学院大学 教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2017年 7月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

先進国の最大の経済的課題は、知識労働とサービス労働の生産性の低さにある。これを解決しないと社会的対立が激化し、取り返しがつかなくなる。かつて19世紀においては、製造業における格差が階級闘争を誘発したが、生産性向上を実現することで労働者の生活を向上させ、不満を抑えた。今日、労働人口比率の比重が知識労働とサービス労働に移っているので、そこでの生産性向上が不可欠である。本稿後半では、そのための6つの方法を示す。26年前に著されたものだが、ピーター F. ドラッカーの慧眼を示す論文で、今日の世界的課題である、社会の格差と不安に対する処方箋となっている。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -