拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 経営戦略

健全な資本主義のためのコーポレートガバナンス

エージェンシー理論から企業主体の理論へ

著者:ジョセフ L. バウアー ハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授  リン S. ペイン ハーバード・ビジネス・スクール 教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数19 ページ
発行年月2017年 12月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

物言う株主たちのせいで、企業が短期的利益のみ追求し長期的視点を持てない、とは最近よく指摘されることである。物言う株主たちは「経営の目的は株主価値の最大化である」ことを大義に掲げているが、この考え方は1970年代に経営学者が提唱した、エージェンシー理論に源流がある。本稿ではこのエージェンシー理論の問題点を挙げ、その影響を解説したうえで、企業中心のよりよい理論を構築するため、企業統治と株主対応の拠り所となる8つの命題を提示する。企業経営に真に求められているものは何か、そのための統治手法とは何だろうか。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -