拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

デジタル広告を“炎上”させない5つの指針

プライバシーを尊重しながら最大の効果を上げる

著者:レスリー K.ジョン ハーバード・ビジネス・スクール 准教授  タミ・キム バージニア大学ダーデン経営大学院 助教授  ケイト・バラス IESEビジネススクール 助教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数10 ページ
発行年月2018年 7月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

インターネット上の閲覧履歴や興味・関心などに関する「パーソナルデータ」の取り扱いが、企業にとって見過ごせない重要なテーマとなっている。デジタル広告を打つ際、豊富なデータと高度なツールが利用できるだけに、いかに消費者の反感を買わずに最大限の効果を引き出すかが問われている。しかし、消費者の心理は複雑で、プライバシー侵害だと感じることもあれば、そうでないこともある。本稿では、データの取得が直接的に行われたのか、第三者からの提供かという違いに着目しながら、デジタル広告の配信戦略において、留意すべきポイントについて探っていく。


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -