拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

【インタビュー】ディープフェイク:恐るべき合成動画技術

もはや本物と見分けがつかない

著者:サム・グレゴリー ウィットネス プログラムディレクター  スコット・ベリナート 聞き手=『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数9 ページ
発行年月2019年 1月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

オバマ前大統領が罵詈雑言を連発? 大統領のスピーチ画像にコメディアンが声と口の形をぴったり合わせた動画が出回った。ディープフェイクを使うと、誰かの映像の上に別人の映像を重ね、あたかもその人が話しているよう見せかけることができる。もはや合成メディアの技術は、本物と見分けがつかないぐらいに進化している。そのような時代に、何を信頼すべきか。企業はどのように対処すべきか。


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -