拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 経営戦略

機関投資家がESG投資を最重要視する理由

ブラックロック、バンガード、GPIF……世界の資産運用会社やアセットオーナーを調査

著者:ロバート G. エクルス オックスフォード大学 サイード・ビジネススクール 客員教授 スベトラーナ・クリメンコ 世界銀行 業務政策局 ファイナンシャルマネジメント首席専門家

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数12 ページ
発行年月2019年 10月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

資本市場が大転換している。世界の資産運用会社トップスリー(ブラックロック、バンガード、ステート・ストリート)、カリフォルニア州職員退職年金基金(カルパース)、日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)など、世界の主要な機関投資家を対象にした調査によれば、ESG(環境、社会、ガバナンス)での企業活動や成果が、投資家の投資基準において重要な要素になっていることが判明した。その変化はなぜ、どのような過程で起きたのか。現状の課題は何で、今後は何が求められているのかを明らかにする。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -