拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ マーケティング

不況期に生き延びるために企業は何をすべきか

景気後退期の企業分析から学ぶ

著者:ウォルター・フリック HBR.org 編集次長

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数8 ページ
発行年月2019年 10月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

米国の景気は2009年6月から拡大期に入り、長期にわたってきたが、米中の貿易摩擦や世界経済の成長率低下など、今後の動向には懸念される点が多い。本稿は、米国における景気後退期の企業について、さまざまな調査研究を分析したものである。これによれば、不況期には倒産したり、買収されたりする企業も数多いのだが、それでも1割ほどは、不況後に成長し、競合に比べて10%以上も売上げと利益を伸ばしていた。この明暗を分けたものは何か。景気後退期の企業がなすべき備えと、その時に取るべき行動を論じている。

こちらの商品を買った人は以下の商品も買っています



- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -