拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ 組織・人事

国連機関にリスク管理とコスト意識を持ち込む

NGOへの大きな教訓

著者:グレテ・ファレモ UNOPS(国連プロジェクトサービス機関)事務局長

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数8 ページ
発行年月2019年 10月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

UNOPS(国連プロジェクトサービス機関)は、国連機関の中でも異色の存在だ。1990年半ばまでUNDP(国際連合開発計画)のプロジェクト実行部門の一つだったが、そのあり方が利益相反と批判を受け、1995年にみずから資金調達を行う独立事業体となった。当初は損失続きで運営もうまくいかなかったが、2006年に当時の事務局長が、経営立て直しに着手し、成功を収める。そしてその後を継いだ本稿の筆者グレテ・ファレモがさらなる改革を追求し、国連組織の中の反対に遭いながらも財務規律を守り、リスクを取る文化を根付かせた。そして当然だが、国連が持つ大きな目標も達成しようとしている。この試みは多くのNGOにとっても大きな教訓となることだろう。


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -