拡大イメージ/商品詳細を見る
※画像は商品サンプルです。
◆ ビジネス社会・リーダー

マーベルはなぜ大ヒット映画を量産できるのか

一貫性を維持しながら、刷新し続ける

著者:スペンサー・ハリソン INSEAD 准教授  アルネ・カールセン BIノルウェー・ビジネススクール 教授  ミーハ・スケルラバイ リュブリャナ大学 教授

価格(税込)¥880
サイズA4
ページ数13 ページ
発行年月2019年 11月
買い物かごに入れる

ご入金確認後、印刷製本して約1週間お届けします。


商品の説明

『アベンジャーズ』シリーズをはじめ、マーベル・スタジオが独立製作した22本の映画作品は大ヒットを記録している。いずれの作品にも特撮技術が効果的に用いられ、魅力的な主人公が悪と対峙するストーリーが展開されるのが特徴だ。一見すると、単調なヒーロー作品を焼き増ししているだけにも思えるが、そうではない。そこには、マーベルらしさを維持しながら、刷新を続ける仕組みがある。筆者らは、同社の成功要因を4つ挙げているが、それらの要因はコンテンツ業界に限らず、あらゆる産業で応用できるものだ。


- このサイトのコンテンツ一覧を表示する -